ファクタリングの際の手数料の相場は幾らくらいか?

ファクタリングとは売掛債権を買い取ってもらうことによりすぐに売掛金を現金化することができるサービスのことをいいます。融資とは違い権利の譲渡になりますので契約が成立した段階で全てが決まります。その際の手数料についてはファクタリング業者ごとに異なる基準を持っています。業者にとっては一定のリスクを含む活動となりますので、信用の度合いによって料率が変わることがあります。
売掛金についてもファクタリング業者の判断により取引先の企業の信用が低ければ手数料率が上がります。逆に取引先の企業の親友が高く入金がない可能性がほぼないと考えられる場合には手数料が少なくなる場合もあります。一概には言えませんが、ファクタリングの際に支払う手数料率については5%から30%程度が相場であると言われる場合もあります。これは業者によっても取引先の企業によっても違いますので決まった基準があり公表されているわけではありません。
このようなサービスを利用する場合一般的にはファクタリング業者と自分の会社の二社間契約のみで取引を行うことが一般的です。相手先の企業にファクタリングを利用していることを知られることなく現金化が可能になるため、イメージの悪化を防ぐことも可能なのです。業者の中には3社間契約に対応している場合もありますが、多くの場合このような取引の形になることにメリットがありませんので、2社間契約で解決される場合が多くなっています。