銀行のカードローンのメリット・デメリット

カードローンには銀行系と消費者金融系、信販系の三つがあり、それぞれ特徴があります。
銀行系カードローンの特徴としては、金利が低いこと、総量規制の対象外であること、自動融資機能があることなどが挙げられます。

まず銀行系カードローンの最大のメリットとして低金利であることが挙げられます。消費者金融系などは金利の上限は18%となっています。しかし銀行系はネットバンクも含めて15%を下回るところがほとんどです。借入額によって金利は変わってきますが、最大で3%の差がでることになり、返済額が大きく変わってきます。
また、銀行系は総量規制の対象外となっています。総量規制というのは、年収の三分の一までしか借り入れできないとする決まりです。総量規制は消費者金融系や信販系のカードローンでは適用されており、年収が少ないとわずかしか借り入れられず、収入のない専業主婦は基本的に申し込むことができません。しかし、銀行系カードローンの場合は、返済能力があるとみなされれば年収の三分の一以上を借りることができます。専業主婦の場合も、配偶者に収入があれば申し込めます。
その他に、銀行ならではのしくみとして、自動融資機能があげられます。これは、公共料金の支払いの際、口座が残高不足のときは自動的にカードローンから借り入れされて支払われるというサービスです。支払いに必要な額をうっかり入金し忘れても、このしくみがあると慌てずにすみます。

銀行系カードローンのデメリットとしては、消費者金融系や信販系に比べて審査が厳しいということがあげられます。しかし、安定した収入があり、過去に悪質な支払い遅延を繰り返しているといった問題が無ければ、それほど心配することはないでしょう。
カードローンの口コミ・評判ランキングはこちら